宮崎県南部串間市沿岸のホンダワラ藻場の変遷

宮崎県南部串間市沿岸のホンダワラ藻場の変遷

レコードナンバー781807論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005643NACSIS書誌IDAN00177164
著者名荒武 久道
清水 博
渡辺 耕平
吉田 吾郎
書誌名宮崎県水産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Miyazaki Prefectural Fisheries Research Institute
Bull. Miyazaki. Pref. Fish. Res. Inst
宮崎水試研報
発行元宮崎県水産試験場
巻号,ページ11号, p.1-13(2007-03)ISSN13445863
全文表示PDFファイル (826KB) 
抄録2005〜2006年にかけて、串間市沿岸のホンダワラ藻場の分布状況を調査し、1976年と、2000年にそれぞれ行われた調査結果と比較することで、藻場の変遷について検討した。2006年における串間市沿岸の藻場の合計面積は29.56haであり、1976年の262.26haと比較して大きく減少していた。串間市沿岸において1976年記載されていた13ヶ所と、その後新たに確認された2ヶ所の藻場について、総合的な拡大、衰退傾向を検討した結果、4ヶ所で拡大または良好な状態での維持傾向にあると考えられたが、いずれも1976年時点における面積10ha未満の小規模な藻場であり、10ha以上の規模を持っていた7つの藻場はいずれも2000年以前に大きな面積縮小か消失が起こっていた。これらのことから、串間市沿岸全域で判断した場合、藻場は衰退傾向にあると考えられた。2005〜2006年の調査で、串間市沿岸において生育が確認されたホンダワラ類は、16種であり、1976年の記録の6種(推定)、2000年の記録の10種より多かった。本研究では、串間市沿岸の藻場を構成するホンダワラ類の種数が増加したと結論づけることはできなかったが、構成比が変化している可能性が示唆された。
索引語藻場;串間市沿岸;ホンダワラ藻場;変遷;比較;検討;確認;拡大;衰退傾向;ホンダワラ類
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat