サトイモ一工程収穫機の開発と分離性能

サトイモ一工程収穫機の開発と分離性能

レコードナンバー781835論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20007678NACSIS書誌IDAA11691179
著者名河野 靖
小田切 元
岩部 孝章
森 洋三
山本 英男
書誌名近畿中国四国農業研究 = Kinki Chugoku Shikoku agricultural research
発行元近畿中国四国農業研究協議会
巻号,ページ15号, p.9-12(2009-09)ISSN13476238
全文表示PDFファイル (375KB) 
抄録掘り取り、芋株の分割、芋と土の分別、コンテナヘの収容が一工程で行える収穫機を試作した。試作機は鋤と搬送用コンベアで芋株を掘り取り、ハの字状に配置したクローラにより分離を行い、その後土と芋に分別する。分離部は親芋打ち抜き方式に比較して分離精度は低いが、芋株を人力により移動させる必要がなく、連続して作業ができた。収穫作業では芋株の下の土とともに掘り上げることで、分離性能を向上させ損傷程度を軽減することが可能ではないかと考えられた。
索引語芋株;土;分離性能;芋;サトイモ一工程収穫機;開発;分離;分別;試作;作業
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat