頭絡を使わない放牧牛の採食行動計測と採食量推定

頭絡を使わない放牧牛の採食行動計測と採食量推定

レコードナンバー781869論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014131NACSIS書誌IDAN00348744
著者名梅村 和弘
書誌名北農
発行元北海道農事試驗場北農會
巻号,ページ76巻・ 4号, p.427-430(2009-10)ISSN00183490
全文表示PDFファイル (238KB) 
抄録簡便でコンパクトな顎運動計測装置で乳牛の顎運動を計測し、採食量を推定した。本装置は、振り子、マイコン通信装置を内蔵し、首輪に装着した。マイコンのメモリーは10分間の積算値で3ヶ月間保存でき、電池寿命は1年間である。目視観察と本機の計測値の比較を5頭のホルスタイン乾乳牛を用いて行った結果、その関係は直線的で(R(2)=0.9)、反芻の影響はなく、歩行の影響はごく僅かであった。首輪へ装着する方法は、頭絡を用いる場合に生じる問題を回避できた。本機を用いた採食量推定は、8頭の搾乳牛を用いて行った。採食回数と採食量との回帰線は、草現存量に依存した(120、190g DM/m2)。採食量は採食回数と草現存量の関係式から推定することができた。何れの現存量の場合も回帰線のR(2)は0.7以上であった。本カウンターは頭が下がっている場合の顎の運動回数を記録したが、頭が上がっている反芻や咀嚼時は、本機(首輪)が顎に触れないため記録しなかった。本機は首輪を用いているため装着が容易で、研究者や農家での使用に効果的である。
索引語頭;採食量;首輪;本機;推定;計測;装着;反芻;影響;採食回数
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat