北海道における遺伝子組換えトウモロコシ栽培を想定した栽培距離による異花粉からの隔離について

北海道における遺伝子組換えトウモロコシ栽培を想定した栽培距離による異花粉からの隔離について

レコードナンバー781879論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014131NACSIS書誌IDAN00348744
著者名高宮 泰宏
田中 静幸
竹内 徹
書誌名北農
発行元北海道農事試驗場北農會
巻号,ページ76巻・ 4号, p.494-501(2009-10)ISSN00183490
全文表示PDFファイル (506KB) 
抄録北海道が「遺伝子組換え作物の栽培等による交雑等の防止に関する条例」のなかで設定した、トウモロコシ栽培における距離による隔離1,200m以上の科学的根拠を得るため、北海道立花・野菜技術センター(北海道滝川市東滝川)内で2ヵ年模擬的な試験を実施した。1,200m地点でも2年中1年で0.0002%と極低率ながら異花粉による交雑が確認された。栽培距離により交雑をゼロにすることは難しいが、1,200m以上の距離を確保することにより、実質的に問題ない程度に異花粉による交雑を低減することは可能と考えられ、この基準は妥当であると判断された。
索引語異花粉;交雑;北海道;栽培距離;距離;ゼロ;遺伝子組換えトウモロコシ栽培;想定;隔離;遺伝子組換え作物
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat