切り花用マーガレット新品種‘サザンエレガンスホワイト’の育成と市場評価

切り花用マーガレット新品種‘サザンエレガンスホワイト’の育成と市場評価

レコードナンバー781941論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20034662NACSIS書誌IDAA12330347
著者名稲葉 善太郎
書誌名静岡県農林技術研究所研究報告 = Bulletin of the Shizuoka Research Institute of Agriculture and Forestry
発行元静岡県農林技術研究所
巻号,ページ2号, p.9-16(2009-03)ISSN18828264
全文表示PDFファイル (1441KB) 
抄録マーガレット‘ホワイトジュエル’を種子親に、‘アーリーホワイト’の花粉を交配して得た種子を2004年に播種し、実生個体から‘サザンエレガンスホワイト’を選抜した。本品種は、2007年3月に品種登録を出願し、2007年8月3日に出願公表、2008年10月16日付けで品種登録された(登録番号:17047、http://www.hinsyu.maff.go.jp/)。‘サザンエレガンスホワイト’は、10月から開花する白花で、‘在来白’並みの花型で、草姿のバランスが良い特徴がある、生産者には、生育が良い、草丈が高くなる、開花が早い、花型が良いことが評価された。南伊豆地域から出荷している主力市場において、切り花品種としての市場性が認められた。
索引語花;サザンエレガンスホワイト;maff;切り花用マーガレット新品種;育成;市場評価;種子;品種登録;出願;サザン
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat