ブナ天然林に開設された林道沿いにおけるブナ衰退木の水分生理状態と大型菌類相

ブナ天然林に開設された林道沿いにおけるブナ衰退木の水分生理状態と大型菌類相

レコードナンバー782022論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010758NACSIS書誌IDAN10164318
著者名市原 優
市原 裕子
升屋 勇人
窪野 高徳
書誌名森林総合研究所研究報告
別誌名Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute
発行元森林総合研究所
巻号,ページ8巻・ 3号, p.179-185(2009-09)ISSN09164405
全文表示PDFファイル (510KB) 
抄録林道開設がブナ林の生態系に与える影響を明らかにするための予備的調査として、ブナ天然林内に開設された林道周辺において、林道沿いの林縁と林内でのブナの健全度、およびその水分生理状態を比較するとともに、大型菌類の種類相を比較した。林縁と林内の調査木におけるP-V曲線法により求めた水分特性値は、林内の健全木に比べ林縁の衰退木の方が有意に低い値を示したことから、林道沿いにおけるブナ林冠木の衰退木は林内の個体に比べて強い水ストレス下にあることが明らかにされた。また、大型菌類子実体発生調査の結果、林縁の出現種数は林内より少なく、共通種の割合も低かった。このことから、林道開設により林道沿いでは大型菌類相が影響を受け、林内と異なる可能性が示唆された。
索引語林内;林道沿い;大型菌類相;林縁;衰退木;林;ブナ天然林;ブナ衰退木;開設;水分生理状態
引用文献数30
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat