エピジェネティックなヒト着床不全への新規治療戦略

エピジェネティックなヒト着床不全への新規治療戦略

レコードナンバー782130論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名内田 浩
丸山 哲夫
各務 真紀
小田 英之
西川 明花
梶谷 宇
浅田 弘法
吉村 泰典
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ26巻・ 3号, p.116-121(2009-10)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (1249KB) 
抄録体外受精による妊娠率向上は着床不全に妨げられている。卵と内膜の対峙、接着、貫通、浸潤の複合的機序で構成されるヒト着床には、分化・接着・増殖・運動の細胞機能の協調が重要である。遺伝子転写はヒストンのアセチル化によって制御され、ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤(HDACI)は遺伝子転写に影響する。本レビューでは、HDACIの子宮内膜機能変化を通じた、黄体機能不全治療薬としての可能性につき我々の得た知見を中心に考察する。
索引語接着;遺伝子転写;HDACI;ヒト着床不全;新規治療戦略;内膜;ヒストン;アセチル化;体外受精;妊娠率向上
引用文献数23
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat