人工産卵基質マブシの素材がニシンの卵発生に及ぼす影響

人工産卵基質マブシの素材がニシンの卵発生に及ぼす影響

レコードナンバー782180論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035503NACSIS書誌IDAA12359338
著者名長倉 義智
野田 勉
熊谷 厚志
新井 崇臣
大河内 裕之
書誌名水産技術 = Journal of fisheries technology
発行元水産総合研究センター
巻号,ページ2巻・ 1号, p.45-48(2009-09)ISSN18832253
全文表示PDFファイル (6135KB) 
抄録ニシンの人工産卵基質として従来のマブシを使用したふ化率は、ふ化盆を使用した場合より低いことから、マブシの素材がニシンの卵発生に及ぼす影響を調べた。銅線を芯材とした従来のマブシを用いる銅芯マブシ区、銅線の代わりに鉄線を芯材とした鉄芯マブシ区、マブシを入れない対照区のふ化率等を比較した結果、銅芯マブシ区におけるふ化率は0%であったのに対し、鉄芯マブシ区および対照区では14.0~49.5%であった。このことから、マブシの素材である銅芯がニシンの卵発生に甚大な影響を及ぼすことが明らかとなった。
索引語マブシ;ニシン;素材;卵発生;影響;ふ化率;使用;銅線;芯材;銅芯マブシ区
引用文献数14
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat