ワムシ粗放連続培養の収穫槽と連結したクロソイの種苗生産初期飼育の有効性

ワムシ粗放連続培養の収穫槽と連結したクロソイの種苗生産初期飼育の有効性

レコードナンバー782181論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035503NACSIS書誌IDAA12359338
著者名野田 勉
長倉 義智
熊谷 厚志
書誌名水産技術 = Journal of fisheries technology
発行元水産総合研究センター
巻号,ページ2巻・ 1号, p.49-55(2009-09)ISSN18832253
全文表示PDFファイル (636KB) 
抄録クロソイの種苗生産における効率化のため、ワムシの粗放連続培養の収穫槽で本種の仔魚を飼育する「ワムシ収穫槽利用飼育」を15日齢まで行い、作業時間、生残率、成長について従来の飼育方法と比較した。その結果、職員の作業時間は大幅に短縮できた。また、生残率は90%以上で、対照区で確認された生残率の大幅な低下は起こらなかった。さらに、対照区と同様のサイズまで成長したことに加え、成長差が少なく、クロソイの種苗生産後期で起こる共食いの防止に効果的と考えられた。
索引語クロソイ;生残率;収穫槽;作業時間;種苗生産後期;ワムシ粗放連続培養;連結;種苗生産初期飼育;有効性;飼育
引用文献数26
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat