野生鳥獣の餌資源となる結球葉菜類の残渣管理技術

野生鳥獣の餌資源となる結球葉菜類の残渣管理技術

レコードナンバー782308論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032672NACSIS書誌IDAA1225492X
著者名安川 人央
中野 智彦
信岡 尚
井上 雅央
書誌名奈良県農業総合センター研究報告
別誌名Bulletin of the Nara Prefectural Agricultural Experiment Station
奈良農総セ研報
Bull. Nara Agr. Exp. Sta.
発行元奈良県農業総合センター
巻号,ページ40号, p.29-34(2009-03)ISSN18821944
全文表示PDFファイル (557KB) 
抄録結球葉菜類の秋冬作型で、野生鳥獣への餌付けとならない収穫後の圃場管理を明らかにするため、収穫後発生する残渣量とその管理方法や、耕起時期と冬期の雑草発生量の関係を調査した。収穫後に発生した残渣は、10aあたり、ハクサイで5.3tおよび5.8t、キャベツで3.7tもあった。ハクサイ栽培において、切株に3〜5節残す慣行の収穫方法では、収穫後、7割もの株で葉腋から腋芽が発生した。一方、胚軸部での切断収穫は腋芽の生長を完全に抑制した。ハクサイとキャベツ栽培では、収穫後の耕起は土壌表面に露出する残渣を大幅に削減した。さらに、収穫後の耕起回数が増加するにつれて、土壌表面に露出する残渣は減少した。耕起時期と冬期の雑草量の関係では、耕起時期が遅くなるにつれて雑草量が減少し、12月に耕起した区で雑草の発生はほとんどなかった。
索引語収穫後;冬期;残渣;野生鳥獣;結球葉菜類;発生;ハクサイ;関係;腋芽;土壌表面
引用文献数13
登録日2011年07月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat