日本海佐渡島羽茂地先の人工魚礁における超音波バイオテレメトリーを用いたマアジの行動様式

日本海佐渡島羽茂地先の人工魚礁における超音波バイオテレメトリーを用いたマアジの行動様式

レコードナンバー782402論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名伊藤 靖
三浦 浩
中村 憲司
吉田 司
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ75巻・ 6号, p.1019-1026(2009-11)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (717KB) 
抄録マアジの行動様式を把握するため日本海佐渡島羽茂地先の水深45mに設置された人工魚礁において、超音波バイオテレメトリー(V9P-1H、VEMCO社製)を全長30cmのマアジへ外部装着し、追跡を行った。追跡は2008年6〜7月の間に1尾ずつ7回行った。マアジは日中には人工魚礁や天然礁の天端から高さ10m程度に留まり、夜間は水深5〜10mの表層を遊泳しながら礁から離脱し、早朝、礁に移動し、日中、礁に蝟集するといった明確な日周行動を示した。
索引語礁;マアジ;人工魚礁;日本海佐渡島羽茂地先;超音波バイオテレメトリー;行動様式;追跡;天然礁;天端;夜間
引用文献数28
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat