マガキ成貝飼育海水へ浸漬した採苗器への幼生付着率に及ぼす幼生サイズおよび餌条件の影響

マガキ成貝飼育海水へ浸漬した採苗器への幼生付着率に及ぼす幼生サイズおよび餌条件の影響

レコードナンバー782404論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名平田 靖
田村 義信
長澤 和也
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ75巻・ 6号, p.1036-1041(2009-11)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (585KB) 
抄録採苗器をマガキ成貝飼育海水で予め浸漬処理すると、マガキ幼生の付着率が高まることが知られている。本研究では、幼生のサイズあるいは餌条件が付着率に及ぼす影響を調べた。採苗器の浸漬処理の結果、平均殻高295μmの幼生では付着率に有意な増加は認められなかったが、平均殻高344μmの幼生では有意に増加した。また、24時間の付着実験中の幼生に与える珪藻の細胞密度が0〜10×10(4)cells/mLの範囲では、密度の違いによる付着率の有意差は認められなかった。
索引語幼生;マガキ成貝飼育海水;付着率;採苗器;幼生付着率;餌条件;影響;浸漬;マガキ幼生;cells/mL
引用文献数6
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat