日本海南西海域における中層トロールと面積密度法を用いたマアジ当歳魚の現存量推定手法の開発

日本海南西海域における中層トロールと面積密度法を用いたマアジ当歳魚の現存量推定手法の開発

レコードナンバー782405論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名志村 健
大下 誠二
寺門 弘悦
田 永軍
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ75巻・ 6号, p.1042-1050(2009-11)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (789KB) 
抄録マアジは日本周辺の沿岸域に広く分布する産業重要種である。マアジ対馬暖流系群の資源量はVPA法で推定されているが、この手法では当歳魚の資源量が推定されるのは加入から数年後であるため、当歳魚の資源評価の精度が低いという欠点がある。そこで、漁期前に中層トロールで当歳魚を採集して、面積密度法によって現存量指標値を推定する方法を開発した。マアジの分布は水塊配置によって東西や南北方向に偏った。面積密度法によって水温分布を考慮し4海域に区分することで、正確な現存量指標値を推定することができた。
索引語推定;面積密度法;当歳魚;中層トロール;開発;マアジ;資源量;現存量指標値;産業重要種;日本海南西海域
引用文献数19
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat