ジャンボリーキ鱗片から発生する泡成分の抗肝障害作用とサポニンの同定

ジャンボリーキ鱗片から発生する泡成分の抗肝障害作用とサポニンの同定

レコードナンバー782568論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名内田 あゆみ
陶 慧
荻原 淳
赤尾 真
熊谷 日登美
松藤 寛
竹永 章生
櫻井 英敏
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ56巻・ 12号, p.639-646(2009-12)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (556KB) 
抄録ジャンボリーキ鱗片から得られた泡粉末と比較のために鱗片末およびクルクミンを用いてGaINにより誘発される急性肝障害およびEtOHによって惹起される慢性肝障害モデルラットに対する影響を調べた。また同時に、推定関与成分として生鱗片からサポニンの単離・同定を試みた。その結果、ジャンボリーキの泡粉末および鱗片末は、GaIN、およびEtOHのラットへの投与実験において急性肝障害時の機能低下を抑制すること、またアルコール吸収を抑制することにより慢性肝障害を予防することを明らかにした。そして、その関与成分として既知のステロイドサポニンである(25R)-spirost-5-ene-2α、3β-diol-3-O-{O-β-D-glucopyranosyl-(1→2)-O-[β-D-xylopyranosyl-(1→3)]-O-β-D-glucopyranosyl-(1→4)-β-D-galactopyranoside}、(C50H80O23、MW:1048)、カラタビオサイドAの存在を提示した。
索引語サポニン;ジャンボリーキ鱗片;同定;抑制;泡粉末;EtOH;ラット;関与成分;ステロイドサポニン;カラタビオサイドA
引用文献数16
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat