近赤外分析による凍結履歴判別法の検討

近赤外分析による凍結履歴判別法の検討

レコードナンバー782584論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20033748NACSIS書誌IDAA12300175
著者名高嶋 康晴
井口 潤
浪越 充司
書誌名農林水産消費安全技術センター食品関係等調査研究報告
発行元農林水産消費安全技術センター
巻号,ページ33号, p.15-21(2009-10)ISSN18837824
外部リンク
全文表示PDFファイル (1900KB) 
抄録クロマグロにおける凍結履歴の有無を判別するために、光ファイバーケーブル近赤外分光計により近赤外領域の吸光度の測定を行った。非凍結群と凍結-解凍群間の近赤外領域(750~1050nm)における吸光度の二次微分値について両群間で有意水準1%のt検定を行い有意な差が見られた波長域の吸光度の二次微分値を用い、判別分析を行った。その結果から判別関数を作成したところ非凍結試料で85.0%(n=20)、凍結-解凍試料で100.0%(n=18)、供試料全体で92.1%(n=38)の判別率(非凍結群又は凍結-解凍の各個体を正しく凍結履歴なし又はありと判別する割合)となる関数が得られた。本研究により近赤外分析がクロマグロ凍結履歴判別に利用できる可能性が示唆された。
索引語凍結;吸光度;近赤外分析;判別;近赤外領域;非凍結群;二次微分値;クロマグロ;各個体;凍結履歴なし
引用文献数9
登録日2011年07月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat