対流センサーのコンスタンタン線の発熱が対流速度測定におよぼす影響

対流センサーのコンスタンタン線の発熱が対流速度測定におよぼす影響

レコードナンバー782609論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015000NACSIS書誌IDAN00347581
著者名花山 奨
安中 武幸
書誌名土壌の物理性
別誌名Soil physical conditions and plant growth, Japan
発行元[出版者不明]
巻号,ページ113号, p.21-24(2009-11)ISSN03876012
全文表示PDFファイル (267KB) 
抄録対流センサーのコンスタンタン線(Co線)の発熱によるCo線周囲の近傍流が対流速度測定に及ぼす影響を明らかにし、加えてその影響を考慮した対流センサーの較正法について検討した。Co線の発熱量を0.52W/m2とし、水温20℃と30℃における対流センサーの出力値を比較したところ約6%の差が生じ、Co線周囲の近傍流は水温上昇に伴い促進されることが明らかとなった。この影響を考慮して、Co線の発熱量を0.13W/m2に減少させセンサーの較正をした。その結果、対流速度0.0〜1.25mm/sの範囲において高い相関(r(2)=0.97)が示され、センサーの較正が可能となった。
索引語対流センサー;影響;Co線;発熱;コンスタンタン線;対流速度測定;較正;Co線周囲;近傍流;考慮
引用文献数6
登録日2011年07月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat