黒ボク土および灰色低地土の深度別アンモニウム・硝酸吸着等温パラメータの算出

黒ボク土および灰色低地土の深度別アンモニウム・硝酸吸着等温パラメータの算出

レコードナンバー782610論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015000NACSIS書誌IDAN00347581
著者名遠藤 明
三島 慎一郎
神山 和則
書誌名土壌の物理性
別誌名Soil physical conditions and plant growth, Japan
発行元[出版者不明]
巻号,ページ113号, p.25-30(2009-11)ISSN03876012
全文表示PDFファイル (430KB) 
抄録近年、化学肥料の施肥の増加により、河川および地下水の硝酸汚染が進行している。農耕地中の硝酸の動態を把握するためには、土壌深度毎の吸着等温線(AI)の情報を得る必要がある。しかし、土壌型に依存するAIのパラメータリストは、まだ整備されていない状況にあるため、パラメータリストを早急に整備する必要がある。著者らは、アンモニウムイオンと硝酸イオンのパラメータリストを整備することを目的に、手始めに黒ボク土(畑地)、黒ボク土(水田)および灰色低地士(水田)の土壌の吸着等温実験を行った。その結果、黒ボク土(畑地)の深度30cmを除くすべての試料においてLangmuir型のAIを得た。本研究では、深度10〜100cmにおけるAIパラメータを算出し、シミュレーションプログラムの入力に必要な、アンモニウムイオンおよび硝酸イオンの吸着特性を比較できた。
索引語AI;整備;黒ボク土;算出;硝酸イオン;畑地;水田;早急;灰色低地土;深度別アンモニウム
引用文献数12
登録日2011年07月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat