飼料用トウモロコシの品種比較調査(2006〜2008年)

飼料用トウモロコシの品種比較調査(2006〜2008年)

レコードナンバー782633論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012934NACSIS書誌IDAN10468072
著者名横澤 将美
山本 哲久
佐藤 拓実
書誌名群馬県畜産試験場研究報告 = Bulletin of the Gunma Animal Husbandry Experiment Station
発行元群馬県畜産試験場
巻号,ページ16号, p.105-114(2009-12)ISSN13409514
全文表示PDFファイル (539KB) 
抄録2006〜2008年の3年間調査した飼料用トウモロコシの品種比較成績をまとめた。1.今回は、台風やゲリラ豪雨の影響で膝高期から生育盛期に当たる6〜7月の降水量が多かったため、稈長および着雌穂高は高くなった。特に晩生品種では平均稈長が300cmに達し、前回2002〜2005年の成績と比較すると有意(P<0.05)に高くなった。一方で稈径に差は認められなかった。2.10aあたり乾物収量は、3年間の平均値で早生2,111kg、中生2,584kg、晩生2,814kgであった。前回と比べ、早生17%、中生22%、晩生31%増加し、有意(P<0.05)な差が確認された。3.今回の調査成績を総合的に評価すると、早生で36B08とLG3520、中生で34B39とタカネスター、晩生でSH3815と30N34が有望品種であると推察された。4.また、調査品種の多くが基準品種の乾物収量を上回っており、次回の調査からは基準品種を更新する必要があると思われた。
索引語飼料用トウモロコシ;差;乾物収量;基準品種;成績;早生;中生;タカネスター;晩生;多く
引用文献数5
登録日2011年07月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat