ニジマスの電照による肉質低下抑制試験

ニジマスの電照による肉質低下抑制試験

レコードナンバー782687論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012761NACSIS書誌IDAN10530234
著者名松原 利光
黒沢 静男
松岡 栄一
書誌名群馬県水産試験場研究報告
発行元群馬県水産試験場
巻号,ページ14号, p.22-25(2008-03)ISSN13421085
全文表示PDFファイル (265KB) 
抄録ニジマスOncorhynchus mykissは成熟により肉質が大きく低下するため、産卵期以降、肉質が回復するまでのしばらくの間は生食用素材として利用することが難しい。そこで、ニジマスを含め多くの魚類において性成熟促進・抑制の目的で広く利用されている電照を用い、秋に成熟期を迎えるニジマスに異なる時期から電照を行い、電照開始時期の違いによる肉質低下の相違を調べ、いつから電照を始めれば成熟期の肉質低下抑制に最も効果的であるかを検討した。
索引語電照;成熟期;ニジマス;肉質低下抑制試験;肉質;利用;ニジマスOncorhynchus mykiss;産卵期;魚類;性成熟促進
引用文献数14
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat