生態的環境への適応と配偶者選択がもたらす種分化

生態的環境への適応と配偶者選択がもたらす種分化

レコードナンバー782711論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015063NACSIS書誌IDAN00193852
著者名伊藤 洋
書誌名日本生態學會誌
別誌名日生態会誌
Jpn. j. ecol
Japanese journal of ecology
日本生態学会誌
発行元日本生態学会暫定事務局
巻号,ページ59巻・ 3号, p.273-280(2009-11)ISSN00215007
全文表示PDFファイル (553KB) 
抄録この論文は、同所的種分化に注目し、(1)環境への適応がどのように集団の分化(分断化選択)を促すのか、(2)分断化選択はどのように生殖隔離の進化を促すのか、の2点について現在の理論的知見を紹介するものである。それらの知見は以下のようにまとめられる。(1)様々な環境(無機的・有機的資源や物理的条件、天敵、競争相手など)への適応が頻度依存分断化選択による進化的分岐を促す可能性があり、その条件は生態的相互作用の種類に依存しない。(2)有性生殖集団の場合には、様々な交配・遺伝様式によって同類交配が進化する可能性があり、たとえ交配に関わる形質が直接的に分断化選択を受けていなくても、他の形質への分断化選択の間接的効果によって生殖隔離が達成され得る。(3)同類交配の進化は選り好みのコストによって効果的に抑制され、その程度は交配・遺伝様式によって異なる。(4)環境の空間構造は遺伝子流を抑制し、種分化を容易にする。
索引語分断化選択;適応;交配;環境;種分化;進化;生殖隔離;可能性;遺伝様式;同類交配
引用文献数22
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat