適切な平均化手法を導入した簡易渦集積法による汎用的なCO2フラックス測定システムの構築

適切な平均化手法を導入した簡易渦集積法による汎用的なCO2フラックス測定システムの構築

レコードナンバー782716論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015066NACSIS書誌IDAN00200732
著者名植山 雅仁
鱧谷 憲
西村 渉
書誌名農業氣象
別誌名J. Agric. Meteorol
Journal of agricultural meteorology
農業気象
Journal of the agricultural meteorology
発行元養賢堂
巻号,ページ65巻・ 4号, p.315-325(2009-12)ISSN00218588
外部リンク
全文表示PDFファイル (608KB) 
抄録安価なガス分析計を用いて簡易渦集積法(REA法)による汎用的なCO2フラックス測定システムを開発した。スペクトル解析からガス分析計には高周波と低周波のノイズが混在していることが明らかとなったため、移動平均において高周波ノイズを低減した後、短い時間でブロック平均する事でCO2濃度測定の精度を向上させた。開発された測定システムは滋賀県のヒノキ林において適用され、オープンパス型の渦相関法により測定されたCO2フラックスと比較された。REA法により測定されたフラックスは、渦相関法により測定されたフラックスとよく一致し、両者の平均二乗平方根誤差は0.17mg/m2/sであった。オープンパス型の渦相関法は降雨時に測定が出来なかったが、REA法では降雨時においてもある程度フラックス測定が可能である事が示唆された。
索引語CO2フラックス測定システム;測定;フラックス;渦相関法;REA法;平均化手法;簡易渦集積法;開発;ガス分析計;オープンパス型
引用文献数21
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat