超高速液体クロマトグラフィーによるガラナ含有健康食品中のテオフィリン、テオブロミンおよびカフェインの迅速分析

超高速液体クロマトグラフィーによるガラナ含有健康食品中のテオフィリン、テオブロミンおよびカフェインの迅速分析

レコードナンバー782841論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名長谷川 貴志
高橋 市長
西條 雅明
石井 俊靖
永田 知子
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ50巻・ 6号, p.304-310(2009-12)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (444KB) 
抄録UPLCによるガラナ含有健康食品中のテオフィリン、テオブロミンおよびカフェインの迅速分析法を開発した。テオフィリン、テオブロミンおよびカフェインは抽出溶媒として水を用い、沸騰水浴上で20分間加熱して抽出を行い、UPLCで分析した。カラムにはAQUITY UPLC BEH C18を用い、10mmol/L酢酸アンモニウム緩衝液(pH 4.0)-アセトニトリルのグラジエントで分析を行った。添加回収試験の結果、回収率はテオフィリンでは97.6〜98.7%、テオブロミンでは97.3〜99.7%、カフェインでは97.1〜105.4%であり、良好な結果を示した。定量限界は試料中濃度として、10μg/gであった。本法を市販の健康食品に適用した結果、1製品(錠剤)からテオフィリンが4.45mg/錠、テオブロミンが5.48mg/錠、カフェインが139mg/錠検出された。製品の表示どおりに当該製品を4錠摂取すると、テオフィリンは薬用量の1/10、カフェインは薬用量を超えるため、本製品を摂取することによる健康への影響が懸念される。
索引語テオフィリン;カフェイン;UPLC;テオブロミン;結果;ガラナ含有健康食品中;錠;薬用量;アセトニトリル;グラジエント
引用文献数15
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat