都内一病院におけるフェレット198症例の疾病の発生状況

都内一病院におけるフェレット198症例の疾病の発生状況

レコードナンバー782897論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名三輪 恭嗣
保阪 盛次
佐々木 伸雄
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ62巻・ 12号, p.947-951(2009-12)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (340KB) 
抄録2006年11月から2008年4月の間に動物病院に来院したフェレットの疾病発生状況を調査した。その結果、198頭のフェレットに261疾患が確認された。疾患としては内分泌疾患(34.9%)、消化器疾患(17.6%)、皮膚疾患(10.3%)などの発生率が高く、泌尿器系、血液・リンパ系疾患がそれに続いた。疾患別では副腎疾患(24.5%)、インスリノーマ(10.0%)、下痢(6.5%)などの発生率が高く、耳ダニ、腎疾患がそれに続いた。また、腫瘍性疾患の発生率が高い傾向にあった。各疾患の発生年齢には差がみられ、内分泌疾患は中〜高齢で、耳ダニは1歳未満の若齢時に、下痢は1歳未満と中〜高齢にかけて発生率の増加がみられた。
索引語発生率;中〜高齢;疾患;フェレット;内分泌疾患;下痢;耳ダニ;腎疾患;都内一病院;疾病
引用文献数14
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat