エコフィードの肉豚給与に関する研究(3)

エコフィードの肉豚給与に関する研究(3)

レコードナンバー782910論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007587NACSIS書誌IDAN00168764
論文副題脂肪融点の低下を防ぐ給与体系の検討
著者名大賀 友英
太田 壮洋
秋友 一郎
岡村 由香
書誌名山口県畜産試験場研究報告
別誌名Bull. Yamaguchi. Live. Res. Inst.
Bull. Zoo. Exp. Stn. Yamaguchi Jap.
山口県畜試研報
Bulletin of the Zootechnical Experiment Station, Prefecture of Yamaguchi, Japan
発行元山口県畜産試験場
巻号,ページ24号, p.34-41(2009-03)ISSN02871262
外部リンク
全文表示PDFファイル (388KB) 
抄録都市厨芥を乾燥後に脱脂して製造したエコフィードを用い、市販配合飼料に対するその代替率を、肥育前期及び肥育後期を通して30%として肥育豚に給与すると、豚の体脂肪の融点が低下するため、脂肪融点の低下を抑えることのできる給与体系を検討した。市販配合飼料の重量比10%をエコフィードで代替し、肥育前期及び後期を通して給与する10-10%区、肥育前期で30%、肥育後期で10%を代替し給与する30-10%区を設けた。また、エコフィードの代替率は30-10%区と同じとし、市販配合飼料の一部を安価なふすまで置き換えて、給与飼料のTDNを市販配合飼料と同等に調整した30-10%調整区を設けた。1.30-10%区は対照区に比べて飼料要求率が低くなる傾向にあり、発育成績は最も良好であった。30-10%調整区は、対照区と比べて肥育前期でDGが低く、飼料要求率が高くなる傾向があった。2.いずれの区分でも、格付を含めた枝肉成績に影響は認められなかった。3.体脂肪中のリノール酸やα-リノレン酸の比率が対照区に比べて高くなる区分が認められたが、いずれの区分でも脂肪融点に差はなかった。4.30-10%区は飼料費の低減に有効であったが、10-10%区及び30-10%調整区では必ずしも飼料費の低減に効果があるとは言えなかった。以上のことから、エコフィードを肥育豚に給与する場合、代替率を肥育前期で30%、肥育後期で10%とすることにより、豚肉の脂肪融点の低下を抑えることができる。また、飼料要求率は低くなり、上物率も市販配合飼料を給与する場合と遜色なく、肥育に掛かる飼料費を低減することができる。
索引語エコフィード;肥育後期;肥育前期;市販配合飼料;脂肪融点;給与;代替率;調整区;飼料要求率;区分
引用文献数5
登録日2011年07月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat