家畜敷料に竹材を利用した堆肥の幼植物試験による評価

家畜敷料に竹材を利用した堆肥の幼植物試験による評価

レコードナンバー782915論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007587NACSIS書誌IDAN00168764
著者名太田 壮洋
書誌名山口県畜産試験場研究報告
別誌名Bull. Yamaguchi. Live. Res. Inst.
Bull. Zoo. Exp. Stn. Yamaguchi Jap.
山口県畜試研報
Bulletin of the Zootechnical Experiment Station, Prefecture of Yamaguchi, Japan
発行元山口県畜産試験場
巻号,ページ24号, p.75-78(2009-03)ISSN02871262
外部リンク
全文表示PDFファイル (221KB) 
抄録粉砕した竹を、家畜の敷料の一部として利用し、堆肥化した堆肥の評価を行うため、コマツナを用いて発芽試験、栽培試験及び根長指数に係る調査を実施した。供試区分は、敷料資材として竹加工残材とオガクズを混合した竹50%区と、オガクズ単体のオガクズ区の2区分で、それぞれの資材を敷料利用した後、堆肥化して供試した。堆肥の成分を分析したところ、竹50%区の硝酸態窒素はオガクズ区に比べて3倍以上高かった。発芽試験は、両区に差はなかったが、栽培試験における最大葉長及び生体重については、竹50%区がオガクズ区より優れる傾向があり、最大葉長については、有意差が認められた。しかし、生体重については測定値のバラツキが大きかったため、有意な差は認められなかった。根長については、竹50%区はオガクズ区に対して有意に短かった。以上のことから、竹を敷料資材の一部として利用し、堆肥化した堆肥をコマツナに施用しても生育を阻害する事はないと考えられた。また、竹50%区のコマツナの最大葉長や生体重が、オガクズ区に比べて優れる傾向があったのは、硝酸態窒素等の無機態窒素を多く含んでいたためと考えられ、竹を含む堆肥は、窒素の肥効の高い堆肥になることが推察された。ただし、根の伸長率について、竹50%区が有意に低かったことについては、今後検討する必要がある。
索引語堆肥;堆肥化;オガクズ区;利用;竹;敷料資材;最大葉長;生体重;コマツナ;家畜敷料
引用文献数13
登録日2011年07月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat