兵庫県におけるヌートリアの農業被害と対策の現状

兵庫県におけるヌートリアの農業被害と対策の現状

レコードナンバー790160論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016414NACSIS書誌IDAN0024866X
著者名江草 佐和子
坂田 宏志
書誌名陸水學雜誌
別誌名Japanese journal of limnology
発行元日本陸水學會
巻号,ページ70巻・ 3号, p.273-276(2009-12)ISSN00215104
全文表示PDFファイル (208KB) 
抄録ヌートリアは、毛皮用の家畜として日本に導入された。本稿では、兵庫県における急激な分布と被害の拡大の過程について報告する。アンケート調査の結果、2007年には、兵庫県内の4195集落のうち2349集落でヌートリアの目撃あるいは被害が確認されていることがわかった。有害捕獲等による捕獲数は、1007頭であった。捕獲努力量は、より深刻な農業被害をもたらすアライグマと比べると少なかった。
索引語ヌートリア;兵庫県;農業被害;被害;対策;現状;毛皮用;家畜;日本;導入
引用文献数4
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat