リンゴとセイヨウナシにおける共通防除体系の構築(1)

リンゴとセイヨウナシにおける共通防除体系の構築(1)

レコードナンバー790237論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
論文副題輪紋病防除薬剤の選抜と体系防除による防除効果の検討
著者名本田 浩央
平澤 秀弥
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ60号, p.139-143(2009-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (307KB) 
抄録リンゴとセイヨウナシ両樹種の共通防除体系構築を目的に2005年から2008年に防除薬剤に関する試験を行った。6月から8月上旬は輪紋病に重点を置いた薬剤選択が必要なため、セイヨウナシ輪紋病に効果が高い薬剤の選抜を行った。10日間隔散布ではジチアノン水和剤(フロアブル)、イミノクタジンアルベシル酸塩水和剤及び混合剤を含めた有機銅剤が高い防除効果を示した。また、14日間隔散布では、ピラクロストロビン・ボスカリド水和剤が高い防除効果を示した。これら効果の高い薬剤を用いた体系防除でも、輪紋病に対して高い防除効果が得られた。6月から9月まで、殺菌剤についてはリンゴとセイヨウナシの共通防除体系の構築が可能であるものと考えられた。
索引語セイヨウナシ;防除効果;リンゴ;薬剤;共通防除体系;構築;効果;選抜と体系防除;輪紋病;8月上旬
引用文献数6
登録日2011年07月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat