合成ピレス口イド剤によるマメシンクイガの効率的防除

合成ピレス口イド剤によるマメシンクイガの効率的防除

レコードナンバー790248論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名木村 勇司
石谷 正博
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ60号, p.180-185(2009-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (264KB) 
抄録マメシンクイガの被害発生程度の異なるダイズ圃場において、成虫、産卵およびふ化幼虫の莢食入を調査し、合成ピレスロイド剤の散布適期および回数を検討した。成虫の発生が多い圃場では、ピーク時の産卵数が多くなるだけでなく発生初期の産卵が被害に結びつくほど多く、子実被害をもたらすふ化幼虫の莢食入時期が早まる。合成ピレスロイド剤散布によりふ化幼虫の莢食入を3週間程度抑制でき、中発生圃場では産卵盛期に1回、多〜甚発生圃場では産卵盛期の1週間前(8月第5半旬)と産卵盛期の2回散布することで子実被害を効果的に防止できる。
索引語圃場;産卵;マメシンクイガ;発生;被害;成虫;ふ化幼虫;発生初期;合成;ピレスロイド
引用文献数7
登録日2011年07月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat