宮城県北部における最近のダイズ害虫被害の発生と特徴

宮城県北部における最近のダイズ害虫被害の発生と特徴

レコードナンバー790249論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名小野 亨
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ60号, p.186-188(2009-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (159KB) 
抄録従来、宮城県におけるダイズの主要子実害虫は、吸実性カメムシ類、ダイズサヤタマバエ、マメシンクイガとされてきた。近年の栽培環境の変化の中で、改めて子実害虫による被害の実態を宮城県北部で調査したところ、フタスジヒメハムシとマメシンクイガによる被害が多く、その他の害虫被害は少ないことが分かった。また、フタスジヒメハムシによる被害は、ダイズの作付初年目から多く、マメシンクイガによる被害は、ダイズの作付4年目以降に多いことが明らかになった。
索引語マメシンクイガ;被害;フタスジヒメハムシ;ダイズ;宮城県北部;子実害虫;主要;ダイズサヤタマバエ;ダイズ害虫被害;発生
引用文献数7
登録日2011年07月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat