代替防除資材利用によるリンゴ有機栽培の試み(2)

代替防除資材利用によるリンゴ有機栽培の試み(2)

レコードナンバー790268論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
論文副題転換後5年間の虫害発生状況
著者名伊藤 大雄
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ60号, p.266-269(2009-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (271KB) 
抄録防除体系を改変しながらリンゴの有機栽培を2004年より5年間にわたって実施し、虫害の発生状況を調査した。供試園地では、耕うん、粗皮削り等の耕種的な防除に加え、交信攪乱剤、マシン油乳剤、ニンニク抽出液等様々な防除資材を年間延べ1O〜16回使用した。5年間を通した最重要害虫はナシマルカイガラムシで、2006年にマシン油乳剤の散布時期と希釈倍率を変更したところ2007年から多発し、2008年の被害果率は60%に達したため、防除体系の再検討が必要と考えられた。クワコナカイガラムシは、2008年に多発したが、それ以外の年は5.5%以下に抑えられた。モモシンクイガの被害果率は最大1.8%、ハマキムシの被害果率は最大6.7%にとどまり、一定の防除効果が認められた。
索引語被害果率;防除体系;マシン油乳剤;多発;年;供試園地;ナシマルカイガラムシ;散布時期;クワコナカイガラムシ;モモシンクイガ
引用文献数11
登録日2011年07月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat