酵母発酵茶の製造条件の検討及びラットにおける血糖値上昇抑制作用

酵母発酵茶の製造条件の検討及びラットにおける血糖値上昇抑制作用

レコードナンバー790276論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016154NACSIS書誌IDAN00143344
著者名渡辺 祐子
松浦 寿喜
早川 潔
植野 洋志
書誌名茶業研究報告
別誌名Tea research journal
発行元[出版者不明]
巻号,ページ108号, p.39-49(2009-12)ISSN03666190
全文表示PDFファイル (524KB) 
抄録発酵による効果を調べるために、食品でよく使われている微生物である酵母(Saccharomyces cerevisiae)により発酵させた茶について、その成分変化と糖質吸収抑制作用について検討した。スクロースと水の含量を変えて茶葉中での酵母の生育について検討した結果、スクロースと適度な水を加えた殺菌していない茶葉に酵母を接種すると、酵母が優先的に繁殖し、酵母発酵茶が得られた。できた酵母発酵茶はカテキン類が分解されており、渋みが軽減されていた。次に、ラットの小腸からのスクロースの吸収阻害を調べた。懸濁液では発酵の前後でほとんどスクロースの吸収に差は認められなかったが、抽出液では発酵により吸収抑制作用の持続が認められた。持続効果があることから、機能性食品として有望であると思われる。さらに、発酵によりEGCgとECg以外の血糖値上昇抑制作用のある水溶性成分の増加が示唆された。
索引語スクロース;発酵;酵母;酵母発酵茶;血糖値上昇抑制作用;水;検討;Saccharomyces cerevisiae;前後;吸収抑制作用
引用文献数21
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat