寒肥を含む春肥重点型の有機質肥料のみの施用が茶の収量・品質に及ぼす影響

寒肥を含む春肥重点型の有機質肥料のみの施用が茶の収量・品質に及ぼす影響

レコードナンバー790277論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016154NACSIS書誌IDAN00143344
著者名三浦 伸之
内村 浩二
中村 孝久
烏山 光昭
阿江 教治
書誌名茶業研究報告
別誌名Tea research journal
発行元[出版者不明]
巻号,ページ108号, p.51-59(2009-12)ISSN03666190
全文表示PDFファイル (474KB) 
抄録有機茶栽培を支援するため、有機質肥料のみによる施用について検討した。年間窒素施用量50kg/10aの条件下において、寒肥を含めた春肥重点型の有機質肥料のみによる施肥を行うと、慣行施肥と比べて、収量への影響はほとんどなかったが、1、2年目の一、二並びに三番茶で品質が低下した。しかし、3、4年目は、一、二並びに三番茶で慣行施肥と同等の品質になった。この要因として、土壌中のタンパク質様窒素の増加により、持続的に無機化する窒素吸収量やタンパク質様窒素の直接吸収量が増加したためと考えられた。また、有機質肥料のみによる施肥を行うと、土壌中の放線菌や細菌の増加も認められた。ただし、肉骨粉の施用は、土壌中のリン酸やカルシウムを増加させるため注意が必要である。
索引語有機質肥料;施用;品質;土壌中;収量;寒肥;春肥重点型;影響;施肥;増加
引用文献数5
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat