アフラトキシンB1の生体内運命

アフラトキシンB1の生体内運命

レコードナンバー790439論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20003608NACSIS書誌IDAN00334513
著者名熊谷 進
書誌名マイコトキシン
別誌名マイコトキシン研究会会報
Proceedings of the Japanese Association of Mycotoxicology
発行元マイコトキシン研究会
巻号,ページ60巻・ 1号, p.7-16(2010-01)ISSN02851466
外部リンク
全文表示PDFファイル (487KB) 
抄録ラットを用いたアフラトキシンB1(AFB1)の生体内挙動に関する研究によって、AFB1の主な吸収部位が小腸であること、とくに十二指腸から効率よく吸収され、腸間膜静脈へ移行することが明らかにされた。移行中にアフラトキシコール(AFL)に変換されるが、これは血球による代謝を反映したものであった。各種動物の肝臓ミクロゾームのAFB1-DNA結合活性(AFB1-エポキシド生成活性)を比較検討した結果、この活性は、AFB1の毒性に対する感受性の動物種差との間に一定の関係をもたなかった。肝臓サイトゾールのアルデヒドリダクターゼ活性の動物種差も、AFB1毒性に対する動物種差とは対応していなかった。しかし、肝臓サイトゾールのグルタチオンSトランスフェラーゼ(GST)活性が強いほど、AFB1毒性に対する感受性が低いという関係が認められたことから、このGST活性の相遠がAFB1毒性に対する動物種差を招来することが示唆された。
索引語活性;AFB1;ST;動物種差;アフラトキシンB1;毒性;感受性;関係;移行中;肝臓ミクロゾーム
引用文献数22
登録日2011年05月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat