ミシシッピーアカミミガメの食害調査(2)

ミシシッピーアカミミガメの食害調査(2)

レコードナンバー790501論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011531NACSIS書誌IDAA11863117
論文副題ハス・スイレンの消滅事例に見る移入動物と食害発生の関係
著者名有馬 進
鈴木 章弘
鄭 紹輝
奥薗 稔
椿 光之助
書誌名Coastal bioenvironment
発行元佐賀大学海浜台地生物環境研究センター
巻号,ページ14巻・ p.75-79(2009-12)ISSN13487175
全文表示PDFファイル (694KB) 
抄録佐賀城公園のお堀におけるハス消滅は、堀に繁殖したミシシッピーアカミミガメによるものと考えられている。そこで、ハス等の水生植物が移入動物の食害により消滅した他地域の人工湖水等の事例を視察調査し、佐賀城公園の場合と比較したところ、そこには、湖水の構造を含めていくつかの共通点があり、移入動物の採食量とハス等のバイオマスとのバランスの崩れを人為的に起こしたことから急速に消滅に至ることが示唆された。
索引語消滅;移入動物;ミシシッピーアカミミガメ;佐賀城公園;堀;ハス等;崩れ;食害調査;ハス;スイレン
引用文献数2
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat