Carbohydrate Epimeraseの触媒作用、構造、その応用例

Carbohydrate Epimeraseの触媒作用、構造、その応用例

レコードナンバー790587論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010553NACSIS書誌IDAA11809133
著者名伊藤 進
書誌名Journal of applied glycoscience
発行元日本応用糖質科学会
巻号,ページ57巻・ 1号, p.1-6(2010-01)ISSN13447882
外部リンク
全文表示PDFファイル (2678KB) 
抄録現在まで20を超えるcarbohydrate epimeraseが報告されており、それぞれ異なる酵素が基質のC1、C2、C3、C4、C5、またはC6位を認識してエピマー化する。これらの酵素群には、たとえばaldose 1-epimerase、N-acetyl-D-glucosamine 2-epimerase、UDP-N-acetylglucosamine 2-epimerase、cellobiose 2-epimerase、D-ribulose-5-phosphate 3-epimerase、L-ribulose-5-phosphate 4-epimerase、UDP-galactose 4-epimerase、dTDP-6-deoxy-D-xylo-4-hexulose 3、5-epimerase、GDP-mannose 3、5-epimerase、ADP-L-glycero-D-mannoheptose 6-epimeraseなどが含まれ、個々の酵素の生物学的な特性、反応機構、タンパクの3次構造が著しく異なっている。本総説は、詳細が明らかになった微生物由来carbohydrate epimeraseの触媒作用、構造と応用例に関する最近のトピックスを概説したものである。
索引語ribulose;触媒作用;応用例;Epimerase;構造;酵素;phosphate;C2;glucosamine;cellobiose
引用文献数52
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat