稲発酵粗飼料を活用した泌乳牛への効率的な給与法の確立

稲発酵粗飼料を活用した泌乳牛への効率的な給与法の確立

レコードナンバー790609論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002644NACSIS書誌IDAA11573718
著者名戸田 尚美
菅原 徹
脇本 亘
塚本 永和
石井 貴茂
関 俊雄
書誌名茨城県畜産センター研究報告 = Bulletin of the Ibaraki Prefectural Livestock Research Center
別誌名茨城畜セ研報
Bull. Ibaraki Pre. Liv Exp. Stn
発行元茨城県畜産センター
巻号,ページ42号, p.8-15(2010-02)ISSN13466488
全文表示PDFファイル (511KB) 
抄録酪農家での利用拡大を目的にイネ発酵粗飼料(RWCS)の給与実証を行い、飼料摂取量及び乳量、乳成分に与える影響を検討した。場内のフリーストール牛群に給与する組飼料をRWCSまたはオーツへイのみとしたところ、乾物摂取量、泌乳成績、血液性状は、両区に差が認められず、泌乳前期牛では自給粗飼料が不足しがちな夏〜秋季にオーツへイとの代替が可能であることがわかった。同様に泌乳中後期牛へ給与する場合も自給粗飼料からの短期間飼料変更した場合では慣行時飼養法と同等の泌乳成績が得られた。この結果を受けてRWCSを繋ぎ飼い方式の農場の乳牛に分離給与したところ、泌乳中期牛については、泌乳末期に向かう生理的な乳量の減少傾向が認められ、体重、血液性状にもほぼ影響はなかった。分娩前後の乳牛に給与した場合でも分娩後の乳量や血液性状等に悪影響は認められなかった。また、新開発自走式細断型刈り取り機により調整したRWCSを場内フリーストール牛群へトップドレス給与したところ、泌乳能力や乳期に関係なく乳量が安定していた。
索引語乳量;オーツ;給与;影響;血液性状;泌乳成績;自給粗飼料;乳牛;認められず;夏〜秋季
引用文献数2
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat