飼料用トウモロコシ二期作を想定した栽培試験における「おおぞら」の諸特性

飼料用トウモロコシ二期作を想定した栽培試験における「おおぞら」の諸特性

レコードナンバー790610論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002644NACSIS書誌IDAA11573718
著者名深沢 芳隆
生井 和夫
矢萩 久嗣
書誌名茨城県畜産センター研究報告 = Bulletin of the Ibaraki Prefectural Livestock Research Center
別誌名茨城畜セ研報
Bull. Ibaraki Pre. Liv Exp. Stn
発行元茨城県畜産センター
巻号,ページ42号, p.16-22(2010-02)ISSN13466488
全文表示PDFファイル (440KB) 
抄録本試験では極早生飼料用トウモロコシ品種「おおぞら」を二期作の1作目で用いることを想定して、品種比較の他、栽植密度、刈取時期の影響を調査した。また二期作の2作目を想定した品種比較試験も実施した。4月播種における極早生品種の特性比較において、乾物総重及び推定TDN総重は品種間で有意な差はなかった。「おおぞら」において、茎葉の乾物率の上昇速度は遅かったが雌穂のそれはより速かった。乾物総重は7月25日まで上昇し、その後ほとんど変わらずに推移した。茎葉、雌穂ともに栽植密度が高いほど乾物収量が高かった。8月播種において、雌穂及び全体の乾物率は全播種日で「おおぞら」が最も高かった。「ゆめつよし」、「KD 772スーパー」の乾物総重は播種日が早いほど高かった。「おおぞら」は乾物総重が播種日の違いにかかわらず低かったため、二期作の1作目のみに適していると考えられた。
索引語おおぞら;乾物総重;想定;乾物率;雌穂;播種日;二期作;飼料用トウモロコシ二期作;栽培試験;諸特性
引用文献数12
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat