ウイルス感染におけるノンコーディングRNA(ncRNA)の機能解析

ウイルス感染におけるノンコーディングRNA(ncRNA)の機能解析

レコードナンバー790637論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20034181NACSIS書誌IDAA12319286
著者名田中 良和
書誌名日本獣医生命科学大学研究報告 = Bulletin of Nippon Veterinary and Life Science University
別誌名Bull. Nippon Vet. Life Sci. Univ.
日獣生大研究報告
発行元日本獣医生命科学大学
巻号,ページ58号, p.7-10(2009-12)ISSN18827314
全文表示PDFファイル (279KB) 
抄録大量の転写RNAのうち、約53%ものRNAがタンパク質をコードしないノンコーディングRNA(ncRNA)であることがわかった。これらのRNA分子のうち、一部は修飾を受け、小さな機能的RNA分子へと成熟する。この中にはmiRNA、siRNAと呼ばれる機能分子も含まれ、発生、分化、生殖機能制御、細胞増殖制御、癌転移機構、ウイルス感染制御などに深く関与することが明らかとなっている。われわれの研究目的は、ウイルス感染時における細胞由来あるいはウイルス由来のncRNAの発現プロファイルを解析することにより、感染における宿主内での複製制御機構を明らかにすることである。この成果を応用し、新規の抗ウイルス剤の開発や予防に役立て、より安全性の高いワクチンを含む新たな研究の創造が期待できる。
索引語ncRNA;ノンコーディングRNA;転写RNA;RNA;miRNA;siRNA;ウイルス感染;機能解析;感染;RNA分子
引用文献数20
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat