イネの生育および収量に対するメタン発酵消化液の施用効果

イネの生育および収量に対するメタン発酵消化液の施用効果

レコードナンバー790726論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015280NACSIS書誌IDAN00236503
著者名古賀 巧樹
松尾 光弘
寺尾 寛行
小川 紹文
日吉 健二
蔭東 清一
黒木 義一
西脇 亜也
書誌名宮崎大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Miyazaki University
別誌名Bulletin of the Faculty of Agriculture, University of Miyazaki
発行元宮崎大学農学部
巻号,ページ56巻・ p.15-27(2010-02)ISSN05446066
外部リンク
全文表示PDFファイル (894KB) 
抄録バイオマスプラントから排出されるメタン発酵消化液が水稲栽培に利用できる可能性を明らかにするために、イネに対する消化液の肥料としての効果および施用時期の違いによるイネの生育および収量を調査した。1.消化液を追肥として施用した施用区のイネは、対照区よりも草丈が高くなり、最上位葉のSPAD値が大きくなったが、茎数に差異は見られなかった。穂重、籾重、穂長および1穂籾数は対照区よりも施用区で有意に大きくなり、そのため玄米収量が多くなった。2.ポット実験では、消化液を基肥として施用した場合にイネの草丈および茎数は小さくなり、また穂数および1穂粒数が少なくなって、その結果玄米収量も低下した。3.ポット実験および圃場実験ともに追肥区のイネにおける草丈、茎数およびSPAD値は対照区の場合とほぼ同程度となり、また穂数および千粒重についても試験区間に有意差は認められなかった。しかし、1穂籾数は対照区と比較して追肥区が有意に多くなったことから、玄米収量も多くなった。4.以上のことから、消化液は水稲栽培において化学肥料の代替として追肥時に施用した場合に有効であることが認められ、さらに化学肥料よりも増収することが示唆された。
索引語消化液;イネ;収量;草丈;玄米収量;生育;メタン発酵消化液;施用;茎数;水稲栽培
引用文献数12
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat