岩手県の里地里山におけるスミレ属植物の分布及び管理の違いが個体群密度に及ぼす影響

岩手県の里地里山におけるスミレ属植物の分布及び管理の違いが個体群密度に及ぼす影響

レコードナンバー790751論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002654NACSIS書誌IDAA11581363
著者名武田 眞一
書誌名岩手県農業研究センタ-研究報告 = Bulletin of the Iwate Agricultural Research Center
別誌名Bull. Iwate Agric. Res. Ctr
岩手農研セ研報
発行元岩手県農業研究センタ-
巻号,ページ10号, p.1-11(2010-03)ISSN13464035
全文表示PDFファイル (724KB) 
抄録伝統的な里地里山の景観で構成される岩手県内陸部の農村地帯で、アケボノスミレ、ナガハシスミレ、オオタチツボスミレ、タチツボスミレ、ニオイタチツボスミレ、スミレ、アリアケスミレ、ツボスミレの8種が確認された。その種組成は景観区分(山腹林縁、山麓林縁、ため池林縁、ため池草地、畦畔草地)で異なっていた。種組成の違いはそれぞれの景観区分が持つ光環境や土壌水分条件に対応していると考えられた。放棄畦畔草地や放棄ため池草地では、スミレ属植物の出現頻度、自生程度はそれぞれの管理草地に比較し、極端に低下していた。種の多様性が低下した原因としては草刈りと水管理の放棄が考えられ、スミレ属植物は農村における持続的な土地利用と植生管理のもとに、その多様性が維持されていると考えられた。大規模な土壌の攪乱があった改修ため池草地では、伝統的管理ため池草地に比較して出現種数は少なくなったが、スミレ属植物の出現頻度、自生程度は管理畦畔草地並に維持され、林縁の主要構成種であるナガハシスミレの自生程度が高かった。林縁、水田という異質な環境に近接するため池草地の立地環境が、スミレ属植物の多様性の維持に関与していることが示唆された。
索引語スミレ属植物;出現頻度;多様性;自生;里地里山;スミレ;林縁;ため池草地;管理;維持
引用文献数25
登録日2011年07月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat