存在頻度法による施設栽培バラのナミハダニの簡易密度推定

存在頻度法による施設栽培バラのナミハダニの簡易密度推定

レコードナンバー790762論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005551NACSIS書誌IDAA11377130
著者名近藤 章
田中 律子
書誌名岡山県農業総合センター農業試験場研究報告 = Bulletin of the Agricultural Experiment Station, Okayama Prefectural General Agriculture Center
発行元岡山県農業総合センター農業試験場
巻号,ページ27号, p.19-22(2009-12)ISSN13466658
外部リンク
全文表示PDFファイル (183KB) 
抄録施設栽培バラに発生するナミハダニについて雌成虫の発生葉率(p)と発生密度(m)との関係は河野・杉野式がよく適合し、推定式はp=1-exp(-0.3364m(0.7879))となった。また、一般的な調査における必要サンプル葉数は、発生葉率10%以上では約200枚以下であり、労力的にも大きな問題はないことから、本法によって調査の簡便化が図れると考えられた。
索引語施設栽培バラ;ナミハダニ;調査;発生葉率;推定式;存在頻度法;簡易密度推定;発生;雌成虫;発生密度
引用文献数8
登録日2011年07月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat