哺乳豚のコクシジウム病に対するトルトラズリルの発症防止効果

哺乳豚のコクシジウム病に対するトルトラズリルの発症防止効果

レコードナンバー790849論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00020468NACSIS書誌IDAN10164260
著者名島田 隆男
新井 佐知子
海老沼 久江
伊藤 貢
西田 由美
小田 憲司
平山 紀夫
書誌名動物の原虫病 = Journal of animal protozoosis
別誌名Journal of animal protozooses
発行元動物の原虫病研究会
巻号,ページ24巻・ 1号, p.11-16(2009-12)ISSN09157506
全文表示PDFファイル (304KB) 
抄録Isospora suisに起因する哺乳豚のコクシジウム病に対するトルトラズリルの発症防止効果を野外で検討した。I. suisの重度浸潤を認めた3養豚場で、計15頭の母豚より出生した0〜5日齢の哺乳豚153頭を同腹単位で1対1の割合で投薬群と無処置群に分け、投薬群に試験薬剤トルトラズリルを20mg/kg用量で単回強制経口投与した。その結果、投薬群ではコクシジウム病の発症を認めなかったが無処置群では67.7%に発症を認めた。異常便の発現率は投薬群27.1%、無処置群82.4%で、投薬群が有意(p<0.05)に低かった。また、1日平均増体量も投薬後7-14日で投薬群229.87±63.45g、対照群195.16±77.02gで投薬群が有意(p<0.05)に大であった。以上の結果から、哺乳豚にトルトラズリルを20mg/kg単回経口投与することにより、投与後2週間にわたってコクシジウム病の発生を防止することが示された。
索引語投薬群;コクシジウム病;トルトラズリル;哺乳豚;発症防止効果;処置群;発症;suis;防止;起因
引用文献数10
登録日2011年03月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat