チリ共和国チロエ島におけるチリウニLoxechinus albusの移植

チリ共和国チロエ島におけるチリウニLoxechinus albusの移植

レコードナンバー790887論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名城野 草平
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ58巻・ 1号, p.55-63(2010-03)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (793KB) 
抄録チリウニLoxechinus albus資源の有効利用のため、1988年8月から1989年2月にかけて6ヶ月間の移植試験をチリ共和国チロエ島で実施した。海藻に乏しいLinaoに生息する生殖腺の発達が悪いチリウニ1000個体(平均殻径58.6mm)を海藻が豊富なHueihueに設置した400m2の試験区に移植した。移植後2ヶ月で生殖腺指数が8.5から13.7に改善した。移植後6ヶ月の回収率は83%(サンプリング個体を含めれば90.4%)であった。チリウニの移動範囲は狭かった。Linaoではチリウニはネットに収容した海藻にあまり集まらず、その数は海藻設置4、8、15、21日後にそれぞれ2、10、15、20個体であった。
索引語海藻;移植;チリ共和国チロエ島;チリウニLoxechinus albus;チリウニ;チリウニLoxechinus albus資源;数;生殖腺;設置;有効利用
引用文献数36
登録日2011年05月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat