チリ共和国チロエ島およびレロンカヴィ入江におけるウニ、Arbacia dufresneiとPseudechinus magellanicusの生殖と初期生態

チリ共和国チロエ島およびレロンカヴィ入江におけるウニ、Arbacia dufresneiとPseudechinus magellanicusの生殖と初期生態

レコードナンバー790888論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名城野 草平
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ58巻・ 1号, p.65-73(2010-03)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (610KB) 
抄録チリ共和国チロエ島東部海域において2種類のウニ、Arbacia dufresneiとPseudechinus magellanicusの生殖と浮遊幼生について調査した。1987年3月から1988年2月にかけて、Hueihue(A. dufresnei)とTeupa(P. magellanicus)において成ウニをそれぞれ採集し生殖腺の変化を調べた。両種の生殖腺指数変化から産卵期は8月から10月と推定された。またHueihue(1987年3月から1988年2月、1988年10月から1989年3月)とTeupa(1987年3月から1988年1月)においてプランクトンをそれぞれ採集して浮遊幼生の出現状況を調べた。A. dufrensneiの浮遊幼生は5月から11月にかけて、P. magellanicusのそれは8月から10月を中心に出現し、変態期幼生の出現時期は比較的明瞭であった。またレロンカヴィ入江のCaicuraにおいて20,000個体/m2のP. magellanicusの稚ウニ(平均殻径2.6mm)の生息が観察された。
索引語P. magellanicus;magellanicus;浮遊幼生;ウニ;生殖;レロンカヴィ入江;産卵期;dufrensnei;稚ウニ;初期生態
引用文献数32
登録日2011年05月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat