アーカイバルタグ標識放流試験で明らかになったトラフグの遊泳行動の季節変化と適水温

アーカイバルタグ標識放流試験で明らかになったトラフグの遊泳行動の季節変化と適水温

レコードナンバー790890論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名中島 博司
新田 朗
藤田 弘一
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ58巻・ 1号, p.85-96(2010-03)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (795KB) 
抄録トラフグの季節的な遊泳行動を明らかにするため、1997年10月から1999年4月にかけて、アーカイバルタグ標識を装着したトラフグ21個体(全長37〜53cm)を三重県沿岸域に放流した。回収された7個体について解析したところ、トラフグは、産卵期を除き、主に水深25m以浅を遊泳し、時々潜水行動を示した。一方、産卵期においては、雄のトラフグは産卵場の海底20〜35mに留まり、頻繁に表層まで浮上する行動を示した。このことから、トラフグは通常表層遊泳性であると考えられた。トラフグの鉛直行動は、秋季は最大水深35〜80m、冬季は65〜115mと変化し、冬季になると、沖合に移動することが示唆された。アーカイバルタグが記録した水温範囲は11〜29℃であったが、トラフグの適水温は15〜24℃と判断された。
索引語トラフグ;産卵期;冬季;遊泳行動;適水温;遊泳;時々潜水行動;行動;このこ;秋季
引用文献数29
登録日2011年05月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat