ヤシガニにおける異なる水温で飼育した幼生の成長と形態形成および幼生の大量飼育

ヤシガニにおける異なる水温で飼育した幼生の成長と形態形成および幼生の大量飼育

レコードナンバー790896論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名杉崎 みお
浜崎 活幸
團 重樹
北田 修一
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ58巻・ 1号, p.135-142(2010-03)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (536KB) 
抄録希少生物資源であるヤシガニの増養殖を目指した人工繁殖技術開発研究の一環として、5段階の異なる水温に調節した容器(平均21.3、24.6、27.0、29.8、32.4℃)で飼育したゾエアとメガロパの成長と形態形成を調べた。また、500l水槽2基を用い、水温約29℃でふ化からメガロパまで大量飼育を行った。ゾエアの頭胸甲長は水温の上昇にともない大型化した。一方、メガロパで口器として機能する顎脚外肢長の頭胸甲長に対する割合は水温の上昇にともない減少する傾向を示した。さらに、27.0〜29.8℃ではゾエアの尾肢剛毛数が多くなり、メガロパの鋏脚が大型化するなど、幼生の形態形成が進む傾向がみられた。500l水槽ではメガロパまでの大量飼育に成功し、生残率はいずれも高く、71.1%と81.6%を示した。以上の結果から、ヤシガニ幼生の飼育には、水温27〜30℃が適しているものと判断された。
索引語ゾエア;メガロパ;水温;形態形成;大量飼育;幼生;ヤシガニ;成長;飼育した幼生;飼育
引用文献数31
登録日2011年05月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat