Loop-mediated isothermal amplification(LAMP)法を利用したイネ縞葉枯病抵抗性個体の簡易選抜法

Loop-mediated isothermal amplification(LAMP)法を利用したイネ縞葉枯病抵抗性個体の簡易選抜法

レコードナンバー790915論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名黒柳 悟
水上 優子
福田 至朗
早野 由里子
城田 雅毅
山田 眞人
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ41号, p.13-20(2009-12)ISSN03887995
外部リンク
全文表示PDFファイル (701KB) 
抄録イネの縞葉枯病抵抗性品種の育成においては、抵抗性遺伝子(Stvb-i)に連鎖したDNAマーカーによる選抜が行われている。PCR法によるマーカー選抜では、サーマルサイクラーなどの高価な機器を必要とし、PCR反応及び電気泳動にある程度の時間を要する。そこで、高価な機器を必要とせず、迅速に個体選抜を行うために、Loop-mediated isothermal amplification(LAMP)法の適用を図った。その結果、抵抗性遺伝子(Stvb-i)連鎖したLAMPマーカー開発と育種選抜に適したDNA抽出の検討を行い、従来よりも低コストで簡易にイネ縞葉枯病抵抗性個体をLAMPマーカーで選抜することが可能となり、育種の効率化を更に図ることができた。
索引語LAMP;イネ縞葉枯病抵抗性個体;Stvb-i;法;Loop;amplification;抵抗性遺伝子;連鎖;機器;縞葉枯病抵抗性品種
引用文献数14
登録日2011年07月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat