白度が高く粘りの強い餅ができる水稲糯新品種「中部糯110号」

白度が高く粘りの強い餅ができる水稲糯新品種「中部糯110号」

レコードナンバー790936論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名坂 紀邦
寺島 竹彦
工藤 悟
加藤 恭宏
大竹 敏也
杉浦 和彦
遠藤 征馬
城田 雅毅
林 元樹
中嶋 泰則
伊藤 幸司
井上 正勝
加藤 博美
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ41号, p.165-175(2009-12)ISSN03887995
外部リンク
全文表示PDFファイル (895KB) 
抄録「中部糯110号」は、2008年に愛知県農業総合試験場山間農業研究所(農林水産省水稲育種指定試験事業)において育成した水稲糯品種である。その来歴、特性は次のとおりである。1.1990年、愛知県農業総合試験場山間農業研究所において「愛知糯91号」を母本とし、「イ糯64」を父本として人工交配した後代から育成した。交配の翌年、圃場でF1を養成し、1995年F5世代で個体選抜し、その後、系統育種法により選抜・固定した。2.本種は、早生の糯種で、草型は偏穂重型の強稈種である。収量は「ココノエモチ」よりも優れる。千粒重はやや重く、玄米の外観品質は良好で、餅の食味は粘りが強く、味、外観に優れ良い。3.縞葉枯病に抵抗性で穂いもち抵抗性も優れる。
索引語粘り;愛知県農業総合試験場山間農業研究所;白度;水稲糯新品種;餅;育成;農林水産省水稲育種指定試験事業;水稲糯品種;母本;父本
引用文献数20
登録日2011年07月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat