里山保全と保全活動に対する住民の意向

里山保全と保全活動に対する住民の意向

レコードナンバー790988論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00020427NACSIS書誌IDAN10529053
著者名武部 隆
冨吉 満之
書誌名京都大学生物資源経済研究
別誌名The Natural resource economic review
The Natural resource economics review
The Natural resource economic review, Kyoto University
The Natural resource economics review, Kyoto University
生物資源経済研究
発行元京都大学大学院農学研究科生物資源経済学専攻
巻号,ページ15号, p.1-16(2010-03)ISSN13418947
外部リンク
全文表示PDFファイル (922KB) 
抄録本稿では、里山保全に対する地域住民の認識と里山保全活動に対する地域住民の意向について、千葉県鴨川市、高知県檮原町、岐阜県恵那市を対象に実施したアンケート調査の結果を分析することにより明らかにし、非営利団体(NPO)が里山を保全する場合と、民間企業が保全する場合と、行政(市町)が直接保全する場合の三者を比較しながら、今後の里山保全の望ましいあり方について考察した。考察の結果、(1)都市民との混住化がすすむ鴨川市では、里山保全主体としてNPOへの期待が大きいが、これは同市内にある里山保存団体の積極的な保全活動が地域住民に広く認知されていることがその理由の一つとしてあげられること、(2)高齢化が極端にすすみ独居世帯の比率が高い檮原町では、行政に対する期待が大きくNPOによる保全活動はあまり期待できないこと、(3)農家・林家が里山を保全するのが最適だと考える住民が多い恵那市では、NPOへの期待は少なくないものの、その期待は鴨川市におけるよりは小さなものであること、(4)3地域全体でみた場合、同市(町)内の里山保存団体を地域住民に知ってもらうことで、地域住民の里山保全に対する認識を深め、結果的に里山保全への期待の程度を今以上に大きくすることが可能であること、(5)同様に、行政の里山保全活動を地域住民に知ってもらうことは、一方で地域の里山保存団体の評価を高める方向に作用すること、等を明らかにすることができた。
索引語NPO;里山保全;地域住民;期待;保全;鴨川市;保全活動;里山;行政;里山保存団体
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat