2006-2007年における国内の飼い主放棄犬でのErysipelothrix属菌に対する抗体調査

2006-2007年における国内の飼い主放棄犬でのErysipelothrix属菌に対する抗体調査

レコードナンバー791093論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名高橋 敏雄
小川 孝
成嶋 理恵
内山 万利子
小佐々 隆志
嶋崎 智章
原田 和記
嶋崎 洋子
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ63巻・ 2号, p.136-139(2010-02)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (304KB) 
抄録起因菌の分類学的研究に基づき、Erysipelothrix tonsillarumは、犬の細菌性心内膜炎の起因菌のひとつであることが報告されている。そこで、本病の犬における最近の浸潤状況を把握する目的で、2006〜2007年に兵庫県動物愛護センターに持ち込まれた飼い主放棄犬の血清166検体について、本菌属に対する生菌発育凝集(GA)抗体価を測定した。その結果、2006年106例のうち7例(6.6%)、2007年60例のうち7例(11.7%)でGA抗体価が16倍以上の陽性であり、うち1例(2006年)は128倍と高い抗体価を示した。過去の1999年度での同様な調査成績に比べて、今回の調査での抗体陽性率は上昇傾向にあり、家庭犬にも低率ではあるが、E. tonsillarum感染個体が存在している可能性が示唆された。
索引語抗体価;飼い主放棄犬;犬;起因菌;本病;浸潤状況;兵庫県動物愛護センター;本菌属;生菌発育凝集;GA
引用文献数21
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat